さんふらわあふらの(スイート)

※姉妹船(同型船)である「さんふらわあさっぽろ」も、こちらで紹介しているものと客室や船内設備は同じです。

商船三井フェリー「さんふらわあふらの(2代目)」の客室は、スイート、プレミアム、スーペリア、コンフォート、ツーリストの5クラスあります。ここでは、スイートと呼ばれる最もグレードの高い客室を紹介します。

スイートは、外から見ると最上階の専用バルコニーを仕切る板の間隔が広い所で、狭い所はプレミアムになります。
プレミアムに比べてかなり広くとられています。

08

室内は、リビングと寝室が分けられた造りになっています。
こちらはリビング部分。

01

全面壁で仕切られていないため、開放感があります。

02

奥の寝室部分。

03

スイートになるとクローゼットに扉が付きます。

04

洗面所とトイレ。

05

バスルーム。
洗面所兼トイレとの仕切りがガラス張りになっています。

新日本海フェリーや太平洋フェリーのスイートだと窓が付いていて、入浴しながら外の景色が見られますが、「さんふらわあふらの」はインサイドに配置されています。

06

専用バルコニー。
椅子とテーブルはプレミアムと同じものが使われていますが、2倍の広さがあります。
こちらも床は木が敷かれているのではなく、それっぽい塗装です。

07

その他、スイートを利用すると乗船中の食事がサービス(無料)となります。