さんふらわあふらの、さっぽろ(スイート)

※「さんふらわあふらの」と「さんふらわあさっぽろ」は姉妹船(同型船)であるため、客室や船内設備は同じです。ここでは主に「さんふらわあふらの」の画像を使用して紹介しています。

商船三井フェリー「さんふらわあふらの」「さんふらわあさっぽろ」の客室は、スイート、プレミアム、スーペリア、コンフォート、ツーリストの5クラスあります。ここでは、スイートと呼ばれる最も高いグレードの客室を紹介します。

スイートは、外から見ると最上階の専用バルコニーを仕切る板の間隔が広い所で、狭い所はプレミアムになります。
プレミアムに比べてかなり広くとられています。

さんふらわあふらの133

客室内には、バス、トイレ、テレビ、冷蔵庫、専用バルコニーの設備と、パジャマ、バスタオル、フェイスタオル、バスマット、スリッパ、電気ケトル、ドライヤー、アメニティ(ボディータオル・シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・歯ブラシセット・コットン・綿棒・ヘアゴム)の備品が備わります。


室内は、リビングと寝室が分けられた造りになっています。
こちらはリビング部分。

さんふらわあふらの134

全面壁で仕切られていないため、逆に開放感があります。

さんふらわあふらの135

奥の寝室。

さんふらわあふらの136

スイートになるとクローゼットに扉が付きます。

さんふらわあふらの137

洗面所とトイレ。

さんふらわあふらの138

バスルーム。
洗面所兼トイレとの仕切りがガラス張りになっています。

新日本海フェリーや太平洋フェリーのスイートだと窓が付いていますが、「さんふらわあふらの」「さんふらわあさっぽろ」はインサイドに配置されているため、外の景色を眺めながら入浴することはできません。

さんふらわあふらの139

専用バルコニーには、夏期のみデッキチェアとテーブルが設置されます。
デッキチェアとテーブルはプレミアムクラスと同じものですが、2倍の広さがあります。

さんふらわあふらの140

スイートルームを利用すると、レストランでの食事が乗船中、無料となります。