さんふらわあふらの、さっぽろ(スーペリア2)

※「さんふらわあふらの」と「さんふらわあさっぽろ」は姉妹船(同型船)であるため、客室や船内設備は同じです。ここでは主に「さんふらわあふらの」の画像を使用して紹介しています。

商船三井フェリー「さんふらわあふらの」「さんふらわあさっぽろ」の客室は、スイート、プレミアム、スーペリア、コンフォート、ツーリストの5クラスあります。ここでは、スーペリアクラスの客室を引き続き紹介します。

ウィズペットルームは、ペットと一緒に過ごせる部屋です。
床を清潔に保つため、ウィズペットルームの床はすべてマット敷きとなっています。
部屋の広さは、一般のスーペリアと同じで、シャワー、トイレ、洗面所も同じタイプのものが同じ位置にあります。

こちらは、2名定員のスーペリアウィズペットオーシャンビュー。

さんふらわあふらの24

スーペリア和室の床をマット敷きに、畳に敷くマットレスをチェアベッドにしたもので、チェアベッドを変形させると下の画像(奥)のようになります。

さんふらわあふらの25

こちらは2名定員のスーペリアインサイドウィズペット。
スーペリアインサイドをマット敷きに、チェアベッドをソファベッドにしたものです。
インサイドルームは窓がないので、気になる人はアウトサイドルームの方を選択すると良いでしょう。

さんふらわあふらの26

最後は、4名定員のスーペリアオーシャンビューウィズペット。
スーペリアオーシャンビューの小上がりをなくし、床をマット敷きに、プルマンベッドとソファベッドを追加したものです。

さんふらわあふらの27

プルマンベッドとソファベッドを展開した状態。

さんふらわあふらの28

これらのウィズペットルームを利用する場合、一般のスーペリアクラスの運賃に加えて、別途12,200円~15,520円の追加料金が特殊手荷物運賃として必要となります。
人一人がコンフォートを利用する運賃以上かかりますし、1部屋あたりのペット数に制限もあります。ペットケージ利用だと3,060円なので、ペット好きの人でも悩んでしまうかもしれません。

ウィズペットルームは、他の客室から離れた船体後部に配置されています。

部屋を出たところには、ペットカートが置かれています。
外部甲板でのみ利用可能なカートで、船内では利用することはできません。

さんふらわあふらの29

こちらはペットルーム。
ウィズペットルームを利用しない場合は、こちらにペットを預けることになります。
ケージは有料で、開閉がロック式になっており、他の人には空けられないようになっています。

さんふらわあふらの30

ウィズペットルームから外部甲板に出たところにあるドッグラン。
予約制で利用できるスペースで、左舷側と右舷側あわせて2カ所あります。

屋根が付いているため、天候に左右されず利用することが可能。

さんふらわあふらの31

隅には水飲み場と洗い場があります。
手前のポストのようなものは「うんちボックス」。
ペットのうんちを入れる箱で、箱の上には袋も用意されています。

さんふらわあふらの32