さんふらわあふらの(パブリックスペース1)

※姉妹船(同型船)である「さんふらわあさっぽろ」も、こちらで紹介しているものと客室や船内設備は同じです。

商船三井フェリー「さんふらわあふらの(2代目)」のパブリックスペース(案内所、コインロッカー、赤ちゃん休憩室等)を紹介します。

徒歩や車の同乗者は、ターミナルの乗船口からこのエスカレータを使って、客室のあるフロアに上がります。
大洗港はターミナルから乗船口までの距離がある上に、エスカレータまたはエレベータに乗らなければならず、荷物が多いとちょっとたいへん。

01

「旧さんふらわあふらの(初代)」では、航行中はポールとロープで簡易バリケードを作って通行できないようにしていましたが、「さんふらわあふらの」では収納式の扉が付いています。

02

案内所。

03

案内所近くの壁の後ろにひっそりと貴重品ロッカーが。
無料で利用でき、個室でない客室の場合には重宝する設備です。

04

コインロッカーコーナー。
一般のロッカーは100円返却式で無料。手前にある冷蔵機能付きのコインロッカーは有料で1回200円。
冷蔵が必要なものを土産に買って帰るときに便利です。

05

洗面所。
両脇の洗面台の横には無料で利用できるドライヤーが。

06

多機能トイレ。
洋式トイレ、オストメイト、シャワーが備わります。

08

09

新設のベビールーム。
ベビーベッドとおむつ専用ごみ箱のある赤ちゃん休憩室です。

10

ベビールームの奥には調乳浄水給湯器のある専用調乳室があります。

11

さらにその奥にある授乳室。
高い位置に小さな窓があります。

12

ゲームコーナー。
「旧さんふらわあふらの(初代)」よりもだいぶ狭くなりました。

13

船舶電話は、携帯電話の電波が届かない場所でも通話することができます。
通話料金はかなり高く、100円硬貨を投入して利用します。
14