さんふらわあふらの(プレミアム)

※姉妹船(同型船)である「さんふらわあさっぽろ」も、こちらで紹介しているものと客室や船内設備は同じです。

商船三井フェリー「さんふらわあふらの(2代目)」の客室は、スイート、プレミアム、スーペリア、コンフォート、ツーリストの5クラスあります。ここでは、スイートと呼ばれる最上級グレードの客室を紹介します。

プレミアムは、少し前までは特等室と呼ばれていた部屋で、グレードとしては上から2番目になります。
スーペリアと比べて、部屋が広くなり、トイレ・洗面所一体型のユニットバス付きにグレードアップ、専用バルコニーが付いていることが大きな違いです。

こちらがユニットバス。左のドアに隠れて見えませんが、左手に浴槽があります。
ビジネスホテルのそれと同じです。

01

室内の様子。
2名定員で、ソファベッドを使うと最大3名で利用することができます。

02

スーペリアのベッドよりも幅が広くなり、枕も2種類になります。

03

04

専用のバルコニー。
関西~大分航路の「さんふらわあごーるど」「さんふらわあぱーる」のバルコニーと同じで、船の端から奥まった位置にある。船体の端にあるタイプより、視界が狭くなりますが、真下の海面を見ることもないでしょうから、特に問題ありません。

バルコニーは、金属製の小さなテーブルとリクライニングチェアが置かれています。
床は木が敷かれているように見えるかもしれませんが、実際に木が敷かれているような模様の塗装がされているだけです。

05

プレミアムルームにはバリアフリータイプの部屋もあります。
安全性を考慮しているのか、スーペリアより窓は大きいものの専用バルコニーはありません。

06

入口も車椅子で通りやすいよう、幅広のドアとなっています。
開いた状態で固定されていたので確認できませんでしたが、自動ドアと思われます。

07

バス・トイレルームの入口はスライドドアが使われています。

08

ベッドは電動でリクライニングします。

09

リクライニングの操作はベッド脇のリモコンで。

10

ベッドと反対側の壁際には、クローゼット、化粧台、テーブルが並びます。

11