さんふらわあふらの、さっぽろ(浴室等)

※「さんふらわあふらの」と「さんふらわあさっぽろ」は姉妹船(同型船)であるため、客室や船内設備は同じです。ここでは主に「さんふらわあふらの」の画像を使用して紹介しています。

商船三井フェリー「さんふらわあふらの」「さんふらわあさっぽろ」の浴室等を紹介します。
展望浴場の入口。男湯は右舷側、女湯は左舷側にあります。

さんふらわあふらの151

脱衣所は、さんふらわあふらの(初代)やさんふらわあさっぽろ(初代)と比べると狭くなっています。
といっても、先代がかなり広かったからであって、他社フェリーと比べると並の広さはあります。

脱衣ロッカーが手前と奥の2カ所、中央に冷水を飲める設備、右に洗面台があります。

さんふらわあふらの152

脱衣ロッカーは100円硬貨返却式。
鍵が掛けられるので、荷物の心配をせずゆっくり入浴できます。

さんふらわあふらの153

洗面台には無料のドライヤーが各台に備え付けられています。

さんふらわあふらの154

洗い場は、他社フェリーと比べても相当広かった「さんふらわあさっぽろ(初代)」のそれと比べるとかなり狭く、「旧さんふらわあふらの(初代)」よりも少し狭く、個々のブースの数も減っています。

改善されたのは、隣にシャワーや掛け湯が飛ばない仕切りが付いたことと、仕切りの角に起居動作の補助となる取っ手が付いたことでしょうか。

さんふらわあふらの155

浴槽は、「さんふらわあさっぽろ(初代)」と同じくらいの大きさ。
「さんふらわあふらの(初代)」と比べると狭くなっています。

海を見ながら湯に浸かることができます。
奥に見える丸窓はサウナルームの窓。

さんふらわあふらの156

サウナルームの窓から海が見えるのは、「さんふらわあふらの(初代)」、「さんふらわあさっぽろ(初代)」から改善された箇所です。

さんふらわあふらの157

浴室とは別の区画になりますが、コインランドリーがあり、乗船中に洗濯をすることもできます。
向かい合うように計4台が並び、洗剤の自販機もあるので、洗濯物と硬貨を持参すれば利用可能。

さんふらわあふらの158