車窓

飛騨金山駅の改札口を出て、ふと前を見ると家の壁に軽自動車が突っ込んでいるようなオブジェ!?を相方が発見。

車体の後部を切って壁に貼り付けているのだろうと近づいて見てみると…..なんと、車体は建物の中まで続いていて、壁の一部になっていました。出窓のように使われているようです。リアワイパーが動いて窓ガラス(リアガラス)を拭いたような形跡もあり…..気になる物件です。

910

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

わるぼぼ

次の記事

京都の桜