岡山へ3

山を越えて鳥取に入りました。
倉吉市にある関金温泉の共同浴場「関の湯」。

79396715

浴室は小さな浴槽が1つだけで、洗い場用の湯が出る蛇口もありません。
そのため、数人が体を洗い出すと次第に小さな浴槽の湯面が下がっていきます。
一人で男湯に浸かっていると、浴槽の湯面がみるみる下がってくるではありませんか。
どうして??と思ったら、浴槽の男湯と女湯が繋がっていて、女湯のほうに入ってきた人たちが湯を使いだしたためでした。

混む時間帯に来ると浴槽はどうなるのでしょうね、ちょっと興味が。
79396716_2

湯から上がり、北上。
梨の産地ということで、ところどころに梨園や梨の直売所があります。

79396717_2

おっと、田んぼ?にミニ牧草ロール発見。

79396718

海沿いの国道にある道の駅大栄に立ち寄り。
案内板に名探偵コナンの姿があったり、石像が立っていたり。
コナンにちなんだ地名だったりするわけでなく、ここ北栄町が作者の青山剛昌氏の故郷なのだそうです。

79396721
コナンですね~。(意味不明)

波打ち際までいくと、外国語表示の漂流物が。
中国から流れ着いたようです。

79396719

79396720

海沿いの道路へでると風力発電の風車が並んでいました。
原発に頼らない国になれるよう、さらなる技術の進歩に期待。

79396722

岡山へ3”へ2件のコメント

  1. author より:

    特にB級を狙っているわけではないのですが…。(笑)
    旦那様は岡山でしたね。
    岡山は意外といい温泉があちこちにあって良かったです。
    北東北はこちらもご無沙汰で、今年あたり久しぶりに行ってみようかと思っていたのですが、地震で…..。

  2. ばばば より:

    岡山行、拝見しました。
    すごく行きたくなる、旅紀行でした。
    スナフキンさんの旅は温泉もグルメも土産もB級なとこがそそるの。
    うちは夫の里が岡山なのに、動物が増えて里帰りもままならなくなりました。北東北もご無沙汰です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

岡山へ2

次の記事

岡山・鳥取旅4