ひとつぶの麦、閉館

北海道、摩周湖近くにある旅人宿「ひとつぶの麦」さんが9月末で閉館しました。

十年以上前、それまで走ってばかりのバイクツーリングをしていた私が、ここに宿泊した際に、ひょんなことから連泊して登山やカヌー等をすることになり、バイクで走る以外の旅の楽しみ方を知ることとなりました。
旅のスタイルが変わるきっかけになった宿ですね。

宿主様、お疲れ様でした。

ひとつぶの麦、閉館”へ4件のコメント

  1. やぎ より:

    泊まったことはないのですが、気になっていたお宿でした。淋しい限りですね。

    今月夏休みで、一年半振りに道東を旅します。
    男前でいこうと思います!(笑)

    1. 管理人 より:

      >やぎちゃん

      いまある宿を大事にしなくては!?

      1年半は「北海道が」ではなく「道東が」ですよね(笑)
      気温が下がって空の澄んだ10月の北海道、いいですね~。

      旅レポート期待しています。

  2. バババライダー より:

    麦さん、と私がよく行く近くの別の宿のご主人さんが呼んでいました。
    確かかわいいわんこがいたような(90年代)。
    寂しいですね。親しんだ宿の閉館。
    上士幌のちろんぬっぷも閉館されたと今年聞きました(閉館はもっと前だったかも)。
    自分はいろんな事情で何年も渡道していないので悲しむ資格なし。。。

    1. 管理人 より:

      >バババライダーさん
      わんこが何匹もいた記憶があります。

      上士幌のチロンヌップも今年1月に閉館しましたね。
      初めて気球に乗った宿でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。