8月2日に、三菱重工業下関造船所江浦工場で阪九フェリー株式会社の新造船の命名・進水式が行われました。 新造船の名称は「せっつ」で、現行の「やまと」の代替船として、2020年春に神戸~新門司航路に就航が予定されています。

バイクで九州ツーリングに行く際に先代「フェリーせっつ」は何度か利用しました。 阪神淡路大震災の1年後に就航し、船体に「We Love KOBE」の文字が描かれていて、レストランの料理が良かったのが印象に残っています。

1番船が「せっつ」ということは、姉妹船は現行と同様に「すおう」になるのでしょうか。

新造船のコンセプトは「星空と海をのぞむ癒しの旅」で、内装は港町神戸をイメージしたもので、客室最上階には広い空間を設けて、大きな窓から星空と瀬戸内海が眺望できるそうです。

 https://www.mhi.com/jp/news/story/190802.html

・プレスリリースされた主要諸元 全長:195m 全幅:29.6m 総トン数:16,300t 旅客定員:663人 車両積載台数:乗用車188台、トラック277台…..こんなに積めるのでしょうか??

※2019年10月7日より、阪九フェリーWebサイトにおいて、客室やパブリックスペースのイメージ図が紹介されています。

※2020年1月14日、2番艦の進水式が行われ、船名は「やまと」と命名されました。

※2020年1月15日、「せっつ」の神戸~新門司航路への就航が3月10日に決定した旨公表されました。

 就航日決定のお知らせ(阪九フェリーWebサイトより)