九州旅2011(その6)

桜島へ。
鹿児島へはバイクで何度か来ていますが、桜島は行くのは初めて。

158129101

島という名が付いてものの現在では陸続きとなっています。
自走でいくことも可能ですが、市街からだと錦港湾をぐるりとまわればならず、時間がかかってしまうので、高いとは思いつつ、時間の都合、鹿児島市内からフェリーに乗船。

158129102

都内の電車並みとまではいかないものの、通勤・通学時間帯は電車並みの便数の船が行き来しています。
島から市内に通勤している人がけっこういるのでしょうね。

158129103

フェリーをよくみると、左右だけでなく、前後も同じ形をしています。
船の前後に操舵室を設けて、港で船の向きを変えなくてもいいようにしているのです。
効率的!

桜島がだんだん大きくなっていき、15分ほとで到着。

158129104

港のすぐ近くにあるマグマ温泉。
湯が溶岩を思わせるような色をしているのが特徴。

158129105

158129106

うねうね道を登って湯之平展望所へ。

158129107

かつて噴火した際に溶岩が流れた跡がわかります。
海の向こうに見えるのは鹿児島市街。

158129108

途中にあった看板。

158129109
凍結や雪によるスリップの注意を促す看板はよく見かけますが、火山灰のものは初めて。

島の南側にある桜島シーサイドホテルへ。

158129110

内湯は後回しにしてまずはこちらへ。
崖を下った所にある海のすぐ側の露天風呂。
浴槽から溢れた湯が海に捨てられていきます。
なんて贅沢な。

158129111

158129112
入湯客がおらず貸し切りで入れました。

九州旅2011(その6)”へ2件のコメント

  1. autor より:

    コメントありがとうございます。
    今村温泉にはびっくりしました、こういう温泉だと知っていたら入っていたかといわれると…..です。(笑)
    鹿児島市内にも温泉銭湯がたくさんあるので、機会があれば是非行ってみて下さい。

  2. 大樹 より:

    どうもはじめまして。
    九州鹿児島旅行記読ませていただきました。番頭さんのいないほったらかし?温泉はすごいですねえ。さすがに入るのに少し?勇気が。。。
    山梨のほったらかし温泉は入ったことがあります。その時は向かって右側のほうに入りました。
    鹿児島って何度か行っているのに、霧島周辺や奄美、徳之島位しか行ったことなく、指宿や桜島、勿論鹿児島市内は是非とも攻めてみたいところです。
    またお邪魔させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。