今日はデラックスルーム(旧・特等室)の紹介です。

2名定員の洋室タイプと3名定員の和室の2種類があります。
こちらは洋室。

51123631

このグレードになるとユニットバスが備わり、ベッド幅もステートルームよりもかなり広くなります。

51123632

ベッドの奥はテーブルとは別に小さなテーブルとソファが。

51123633

窓の外には専用のテラスがあります。

高速船で風が強いということで、ステートルーム以下を利用する乗船客は船尾の外部甲板にしか出られないのに、デラックスルームとスイートルーム利用だと側部の外部甲板に出られるという新日本海フェリー七不思議。

51123634

もし、テラス付きの部屋を利用するなら、反対方面へ進む僚船とのすれ違いが見られる側の部屋にするのがおすすめ。

和室タイプのほうは、ステートルームの4.5畳から6畳にアップ、さらに広くなります。
こちらもユニットバスと専用テラスがあります。

※「すずらん」については、以下の記事でも紹介しています。
 ・新日本海フェリー新造船「すずらん」船内見学会
 ・新日本海フェリー新造船「すずらん」ツーリストA
 ・新日本海フェリー新造船「すずらん」ツーリストS
 ・新日本海フェリー新造船「すずらん」ステートルームA(その1)
 ・新日本海フェリー新造船「すずらん」ステートルームA(その2)
 ・新日本海フェリー新造船「すずらん」スイートルーム
 ・新日本海フェリー新造船「すずらん」バリアフリー対応状況
 ・新日本海フェリー新造船「すずらん」浴室
 ・新日本海フェリー新造船「すずらん」パブリックスペース