船内では、レストラン、グリル、カフェの3カ所で食事ができます。
こちらはレストラン。

01

「すずらん」「すいせん」では船尾3面オーシャンビューだったレストランは、らべんだあでは右舷側、細長い形状になっています。

02

03

04

カウンターに並んだ料理から好きなものをトレーにとって精算するカフェテリア方式。

05

刺身と書かれた案内板のあるところにパンやワインが並び、サラダバーのところには魚介類が。
案内板の置き間違いではなく、何か狙っているのでしょうか。

06

07

レストランで気になった新設備がこれ。
これまでの新日本海フェリーの船にはなかった鉄板焼きコーナーが。

阪九フェリーの人気メニューの鉄板焼きみたいな焼きたての料理が提供されるのでしょうか。

08

期間限定(2017年は8月1日~20日)となりますが、外部甲板でバーベキューコーナーが開設されるそうです。
屋根付きなので、雨を気にせず楽しめます。

09

こちらはグリル。

10

予約制、昼食約3000円、夕食約5000円という高級食事処で、コース料理等が食べられます。
スイートルームを利用すると、乗船期間中、ここでの食事がサービスで付いてきます。

11

「すずらん」「すいせん」では左舷の窓際にあったため、窓から外の景色が眺められましたが、らべんだあでは間に通路があり、窓も磨りガラスとなっているため、外の景色が見えなくなっています。

こちらは軽食が食べられるカフェ。
新日本海フェリーの他の船に比べてこじんまりとし、席も密集したものになっています。

12

こちらは売店。
発着港の土産物や菓子、おつまみ、飲料、日用品等が売られています。

「すずらん」「すいせん」よりも品揃えが少なくなっているような気が。

〔追記〕
見学会用の展示だったようで、就航後の売店は、しっかりとした品揃えになっています。

13

そして自販機。
冷凍食品やアルコール類、清涼・炭酸飲料、アイスクリームが売られています。

14

15

「らべんだあ」では、船内の給湯室は廃止され、代わりに、外部甲板のバーベキューコーナーに1カ所、給湯器が置かれるようになっています。

「すずらん」「すいせん」で新設されたカップ麺コーナーも「らべんだあ」では廃止。
インスタント食品は臭いが強いので、船内パブリックスペースで食べてもらいたいくないということなのでしょう。
給湯器を外に置いて、外で食べてもらうよう促す試みは評価。

なお、個室利用の場合は、各部屋に急速湯沸かしポットがあるので、ここまで湯をとりにくる必要はありませんし、個室内で自由に食べることができます。

16

※「らべんだあ」については、以下の記事でも紹介しています。
 ・新日本海フェリー新造船「らべんだあ」船内見学会
 ・新日本海フェリー新造船「らべんだあ」ツーリスト(その1)
 ・新日本海フェリー新造船「らべんだあ」ツーリスト(その2)
 ・新日本海フェリー新造船「らべんだあ」ステートルーム(その1)
 ・新日本海フェリー新造船「らべんだあ」ステートルーム(その2)
 ・新日本海フェリー新造船「らべんだあ」デラックスルーム
 ・新日本海フェリー新造船「らべんだあ」スイートルーム
 ・新日本海フェリー新造船「らべんだあ」パブリックスペース(その1)
 ・新日本海フェリー新造船「らべんだあ」パブリックスペース(その3)
 ・新日本海フェリー新造船「らべんだあ」パブリックスペース(その4)