南海フェリー、12月15日に新造船「あい」を就航

和歌山~徳島を結ぶ南海フェリー株式会社は、11月20日、新造船「フェリーあい」を12月15日より同航路に就航させることを発表しました。 就航に伴い、現在運航している「つるぎ」は引退となります。

「フェリーあい」は全長108m、全幅17.5m、総トン数2,825t、旅客定員427人。船名は、海を渡る旅は「私(I)」が主人公、「愛」する人と出会うための船旅、徳島名産の「藍」染めの三つの意味を込めているそうです。

船内は、従来船では同じ階にあったグリーン席を上階に配置し、高い位置から眺められるようになっています。 また、じゅうたん席の一部を女性専用化、wifi環境導入、船内エレベーターの設置、案内表記や放送の多言語化等、時代に合わせた改善が行われています。

https://nankai-ferry.co.jp/%e3%81%9d%e3%81%ae%e4%bb%96/%e6%96%b0%e9%80%a0%e8%88%b9%e3%80%8c%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%82%e3%81%84%e3%80%8d%e5%b0%b1%e8%88%aa%e3%81%84%e3%81%9f%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%99

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。