商船三井株式会社とグループ会社の株式会社フェリーさんふらわあは、11月20日に日本初のLNGを燃料とするフェリー2隻を建造することを発表しました。

・現行の大阪~別府航路の「さんふらわああいぼり」「さんふらわあこばると」の代替船 ・船名は「さんふらわあくれない」と「さんふらわあむらさき」(今後、変更の可能性あり) ・現行船から、トラック積載可能数を1.5倍にしモーダルシフトに対応するとともに船体を大型化 全長:153.0m→199.9m 総トン数:9,245トン→約17,300トン 乗客数:710名→763名 トラック積載可能数:92台→136台 航行速力:22.4ノット→22.5ノット ・重油とLNGのそれぞれを燃料とすることが可能な高性能Dual Fuelエンジンを搭載 ・LNG燃料利用により、二酸化炭素排出量を従来比20%削減可 ・三菱造船株式会社に2019年12月に発注予定で、2022年末から2023年前半にかけて就航を予定

 https://www.ferry-sunflower.co.jp/news/article/images/e6d33002bd51d31f4187c9ea6406691d749a8b47.pdf

 https://www.mol.co.jp/pr/2019/19088.html

 https://www.mol.co.jp/pr/2009/956.html

現行船は、大阪中心部からの発着、かつ、観光地別府に直結していて、交通の利便性が高いものの、神戸~大分航路の「さんふらわあごーるど」「さんふらわあぱーる」と比べて、船体が古いという難点がありました。新造船導入で大阪~別府航路のほうに人気が集中しそうです。

大洗~苫小牧航路の商船三井フェリーと違って、旅客サービスにも力を入れているフェリーさんふらわあの新造船ということで、期待しています。