大阪南港~新門司港を結ぶ名門大洋フェリー株式会社は、12月18日、2002年に就航した「フェリーきょうとII」「フェリーふくおかII」の代替船を独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構と共有建造致し、1番船を2021年12月、2番船を2022年3月に新造船を就航させることを公表しました。 公表された新造船に関する情報は以下のとおり。

・新造船は、全長195m、全幅27.8m、総トン数約15,400t、旅客定員715名、車輌積載台数乗用車約140台、トラック約162台と現行船から約1.5倍の大型化 ・大型化に伴い、二層同時荷役方式を採用し、荷役時間を短縮するとともに、発着港である大阪南港の上部貨物積載甲板への可動橋を新たに設置 ・旅客向けに、時代のニーズに合わせ、シングルルーム・ツインルームを増設するとともに、ツインルームにはトイレ・シャワー付きルームを新設 ・現行の「フェリー2」「フェリー2」と同様、旅客甲板に乗用車用積載スペースし、乗船客の利便性向上 ・電気自動車用充電器の設置 ・ファミリー客のための授乳室、キッズルームの設置、女性客向けにパウダールームの設置 ・従来から好評の開放感のある展望レストラン、展望ラウンジの設置

 プレスリリース記事(名門大洋フェリー株式会社Webサイト)

 新造船の詳細(名門大洋フェリー株式会社Webサイト)