熊本県、日本初のフェリーカードを作成

熊本県は11月6日(金)、天草地域に航路を有するフェリー等の「フェリーカード」を同日から配布することを公表しました。

サイズやデザインは、ダムカード(国土交通省及や独立行政法人水資源機構が管理するダムなどで配布されているカード型式のパンフレット)の様式に合わせたもので、フェリーの写真と特徴が記載されています。

対象となる船舶は、三和フェリー、天長フェリー、島鉄フェリー、苓北観光汽船、共同フェリーの5社10船舶で、カードは参画する各フェリー会社の乗船券券売窓口または船内で配布されます。

ダムマニアと同じように船マニア、フェリーマニアはいるので、他フェリー会社に波及すると盛り上がるかもしれません。

熊本県のプレスリリースページ