太平洋フェリー新造船「きたかみ」特等室

今回は特等室の紹介。

「きたかみ」にはスイートルームがないため、特等室が最上級の客室となります。 1等室から部屋の質感が上がり、シャワーもユニットバスにグレードアップ。

特等室は船首側に配置されてるため、窓から船の進行方向の景色も眺められます。

洋室と和室の2種類があるうち、こちらは洋室のほう。 2つのベッドの奥にある、座ると海が見えないと不評のソファは、ソファベッドなのでこの配置になってしまうのでしょうね。

3名利用時は、1人はソファベッドを利用することになります。

窓際ソファベッドの隣は冷蔵庫で、そこからベッド足元側の壁際にかけて細長いテーブルがあります。 奥行きが短いので物置き的な使い道になるかも…。

足元側の壁には、かなり控えめサイズの液晶テレビ。

トイレ、洗面所まわりは1等室と同じですが、

シャワーブースの代わりにユニットバスが備わります。 広くて展望の良い大浴場があるので、ユニットバスの有無は客室を選ぶときにはそれほど参考にしなくても良いでしょう。

そしてこちらは和室のほう。

ドアは入ってすぐのところで靴を脱いで上がります。 板の間のスペースは荷物置きにも使えて便利。

広めの和室。

こちらは階下の和室。 上階のほうが部屋が広くなっています。畳の数からすると約1.3倍。

奥はクローゼットと冷蔵庫、その上に茶器セットや内線電話が並びます。

障子風の窓を開けると、船の横方向の景色が望めます。

浴室にも窓があり、風呂に入りながら外の景色が眺められます。 洋室より和室のほうが環境が良いように思います。

特等室は、洋室・和室とも船首に配置されているため、船の中央よりも揺れの影響が大きくなります。 乗船時の天候によりますが、船酔いが心配な人は、中央にある1等室を選んだほうが良いでしょう。

特等室のまとめとしては、洋室より和室が、そして、和室の中では部屋の広い上階(部屋番号701、702)のほうがおすすめです。

※「きたかみ」については、以下の記事でも紹介しています。
太平洋フェリー新造船「きたかみ」船内見学会
太平洋フェリー新造船「きたかみ」
太平洋フェリー新造船「きたかみ」B寝台、C寝台
太平洋フェリー新造船「きたかみ」エコノミーシングル
太平洋フェリー新造船「きたかみ」1等室(その1)
太平洋フェリー新造船「きたかみ」1等室(その2)
太平洋フェリー新造船「きたかみ」ドライバーズルーム
太平洋フェリー新造船「きたかみ」飲食施設
太平洋フェリー新造船「きたかみ」浴室等
太平洋フェリー新造船「きたかみ」その他(その1)
太平洋フェリー新造船「きたかみ」その他(その2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。