横須賀市、6月頃から貝山地下壕の一般公開を予定

横須賀市の追浜地区にある貝山緑地の地下にある戦争遺跡「貝山地下壕」の一般公開の開始が予定されています。
素掘りの壕は、第二次世界大戦末期に軍事利用のため掘削されたもので、総延長は2km超、A地区・B地区・C地区の3つに分かれた多層構造になっており、戦闘機の格納スペースや司令部と思われる会議室も存在するそうです。

2011年の東日本大震災以降、安全管理と整備工事ため閉鎖されていましたが、本年度より、壕内部の崩落・風化対策、電気設備工事などが行われており、6月頃から内部の130m程度が一般公開されるとのことです。

公開は、安全確保の観点から、認定ガイド同伴での見学を原則としており、現在、市民ガイドの養成が行われています。

 https://www.townnews.co.jp/0501/2021/03/26/567518.html

 https://article.yahoo.co.jp/detail/d1aa94e331e55868f171ad211524c792647f73df

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

遊就館