横須賀市の貝山地下壕見学、6月末より開始

横須賀市追浜地区の貝山緑地の地下にある戦争遺跡「貝山地下壕」の一般公開が6月末より開始されます。

貝山地下壕は、第二次世界大戦末期に軍事利用のため掘削された素掘りの壕で、総延長は2km超、A地区・B地区・C地区の3つに分かれた多層構造になっており、戦闘機の格納スペースや司令部と思われる会議室も存在するそうです。

公開は、安全確保の観点から認定ガイド同伴でのツアーに限定されており、6月4日現在、地元の2つのNPO法人においてツアーの参加募集が行われています。

○NPO法人よこすかシティガイド協会
・開催日:毎月第2、第4土曜日(第1回6月26日)
・ガイド時間:10:00~12:00
・参加費:700円
・定員:30名(先着順)
・申込締切:開催日の2週間前の金曜日(祝日の場合は前日)

 http://yokosuka.kankoh-guide.com/kaiyama-chikagou-irai-guide-chirashi.html

○NPO法人アクションおっぱま
・開催日:①7月4日(日)、②9月5日(日)、③11月7日(日)
・ガイド時間:13:00~15:00
・参加費:大人1,500円、中高生1,000円
・定員:16名(先着順、最小催行人数8名)
・申込締切:①6月19日、②8月21日、③10月23日

 http://www.action-oppama.org/project/kaiyama/

参加費がNPO法人よこすかシティガイドのほうが安く、NPO法人アクションおっぱまのツアーのほうは、第三海堡の一般見学日と同じ第1日曜日開催で両方見学することが可能、とそれぞれメリットがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。