カムイワッカ湯の滝、立入禁止エリアの利用再開に向けた試行事業開始

北海道斜里郡斜里町の観光スポット「カムイワッカ湯の滝」で、2006年より立ち入り禁止となっている「二の滝」から奥のエリアの利用再開に向けた試行事業が7月2日から始まりました。「斜里町観光振興計画」に基づき斜里町と知床観光協会が実施する事業で、2024年の本格運用に向け3年かけて試行され、立入には登録ガイド事業者の引率が必須となっています。

・試行期間:2021年7月2日(木)~7月20日(火)
・定  員:引率ガイド1名あたり参加者6名まで
・参加条件:試行事業のため、アンケート調査協力必須
・登録引率ガイド事業者(事前予約制):
  知床アルパ株式会社(カムイワッカ四の滝への単独ツアー)
  知床ネイチャーオフィス(カムイワッカ四の滝への単独ツアー)
  SHINRA(カムイワッカ四の滝への単独ツアー/1日ツアー中止の場合の代替え)
  知床サイクリングサポート(サイクリングツアーの追加オプションです)
  知床のガイド屋Pikki(知床硫黄山新噴火口ツアー又は貸切ツアーの追加オプション)
  知床の森のガイドゆらり(リピーターのみ※一般公募はしていません)
  Mother Nature’s Son(リピーターのみ※一般公募はしていません)
・その他:

知床硫黄山の麓に流れるカムイワッカ川には温泉が流入していて、上流に向かって「一の滝」から「五の滝」までの滝壺では、自然の露天風呂が楽しめる人気の観光スポットでしたが、沢登りや落石の危険があるとして、2006年より「一の滝」から上流への立入りが禁止されていました。

 知床観光協会Webサイト 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。