政府は2020年1月31日(金)、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、自衛隊に対し災害派遣を命令。 自衛隊は、防衛省がPFI契約を結んでいる民間船舶「はくおう」の活用を決めました。

今回の災害派遣命令は、新型コロナウイルス感染症の影響により、中国武漢から帰国した邦人等の救援活動実施を目的とするもので、「はくおう」は帰国者の一時停留場所として使用されます。

「はくおう」は、かつて新日本海フェリー「すずらん(初代)」として敦賀(福井)~苫小牧(北海道)航路を運航していたフェリー。 病院船的な活躍等、今後が期待されます。

 防衛省プレスリリース