東京都の稲城市が、3月15日にJR南武線線の稲城長沼駅前の公園「いなぎペアパーク」に設置した「スコープドッグ」のモニュメント。


   
スコープドッグは、1983年から1984年にかけてテレビ放映されたロボットアニメ「装甲騎兵ボトムズ」で主人公が主に搭乗していた人型兵器で、従来のロボットアニメと違って主人公の専用機がなく、量産型兵器に搭乗し、壊れたら次々に乗り換えていくのが特徴の一つでもありました。
モニュメントの高さは3.8m。設定と同じ実物大のサイズで作られています。

稲城市は、数多くのロボットアニメのメカニックデザイナーの大河原邦男氏の出身地で、大河原氏の作品を稲城市内に設置等し、観光客周知と地域活性化を目的とする「メカニックデザイナー大河原邦男プロジェクト」の一環として、このモニュメントも設置されたものです。

2016年にオープンした近くの「いなぎ発信基地ペアテラス」は初代ガンダムとシャア専用ザクのモニュメントもあります。