海上観光船でオタモイへ

小樽観光振興公社が運航する小樽海上観光船は、小樽港第3埠頭~祝津港の祝津航路と、祝津港を出発しオタモイ海岸で折り返して戻ってくるオタモイ航路の2コースがあります。
今回は、陸路からの到達が困難となっている、オタモイ海岸を海上から観てみようとオタモイ航路に乗船。

使用されている船は「オタモイ号」と「祝津号」の2隻で、「オタモイ号」のほうに乗船。
かなり年季の入った船で、定員は80名。前半分が客室、後ろ半分が屋根付きの外部甲板になっています。

小樽海上観光船2   

十数人の客を乗せて船は祝津港を出港。

小樽海上観光船3

高島岬に見えるのは小樽市鰊御殿と日和山灯台。

小樽海上観光船4

灯台のある岬をぐるりと反対側にまわると、海面近くに洞くつ(海食洞)が現れました。
海からしか見ることのできない景色です。

小樽海上観光船5

崖の上に建つホテルノイシュロス。
波が少し高く、船が小さいこともあってやや揺れます。

小樽海上観光船6

切り立った崖の海岸沿いに少し進むと、海岸近くの陸地が平らにならされた箇所が。
番屋か集落の跡と思われます。

小樽海上観光船7

下赤岩山の麓を通過。
波がさらに高くなり、船の揺れもさらに大きくなってきました。
賑やかだった乗客の会話ははなくなり、船酔いでぐったりしている人も出てきました。

小樽海上観光船8

それでも船は進み、山中海岸とチャラセナイの滝が見えてきました。

小樽海上観光船9

船の揺れに加え、風も強くなり、乗客のお年寄りが寒さと不安のあまり硬直状態に。
これ以上先に進むことは危険と船頭さんが判断したようで、ツアーは中止になり、祝津港に戻ることになりました。

ツアーの途中で中止になったため、乗船料金は返却されることに。
オタモイまで行けなかったのは残念ですが、無料で遊覧船に乗れたので私としては得した気分。(2009年乗船)


※オタモイ号、祝津号は2013年10月に引退しました。代替船として、新造船「あおばと」が2014年より就航しています。

前の記事

陸の中の岬 宮島岬

次の記事

摩周湖